18/02/24 グループ展お知らせなど

ひとまず、もう始まっているグループ展の告知を…。


福寿草web1
毎年1回開催している、OPA galleryでのグループ展「花に聞く」に、
今年も参加させていただいております。
今回は、福寿草の花を、20人のイラストレーターが描きます。
DMイラストレーションは、毛利みきさんです。

・・・・・・

「花に聞くvol.14福寿草」
2018年2月23日(金)ー 2月28日(水)
OPA gallery (http://opagallery.net/galllery.html)

出展者(五十音準、敬称略)
鮎沢水音 岩間淳美  大西洋  奥田あきこ 長田結花
川崎由紀 北原明日香 楠木雪野 小春あや  坂口友佳子
土田菜摘 中島早希  永島壮矢 中島梨絵  野口奈緒子
林けいか 美木麻穂  溝渕美穂 毛利みき  保光敏将

・・・・・・


こちら、本日初日でした。
ご来場くださったみなさま、ありがとうございます。
2/28(水)まで、どうぞよろしくお願い申し上げます。


そして、こちらに書いておりませんでしたが。

写真 2018-01-18 13 44 28
玄光社「イラストレーション」誌上コンペ「ザ・チョイス」第205回、松昭教さんの審査にて、
準入選をいただきました。
掲載号が1月に発売しております。
精進いたします。


掲載していただいた絵が先日、帰ってきました。
この絵はなにやらうんうん悩んで、描き直しをずいぶんして一部妙な様相にしてしまった記憶があり、
それを改めてみるのを若干、恐れていたのですが、
久しぶりにみてみると、なにやら、どうやって描いたのやらよくわからぬ、ただならぬ質感が出ていて、
記憶しているほど悪くないような、不思議な気持ちになったり。

元々の優柔不断さゆえ、一度(色鉛筆でぐりぐりと)塗った色を(ぐりぐりと)消して、
塗りなおすなんてことをたまに、いや、よくやるわけですが、
紙は痛むし、色は混ざるし、そもそも色鉛筆って消せるようにできてないし、あんまり良くないことだよなと思うのですが、
それでもやってみると、予測できない色の混ざり具合だとか、
ひと息では出ないような、粘りみたいなものが出たりして、少しおもしろいような気もするのでありました。


福寿草web2
と、「福寿草」の出展作品を描いているときに思ったのでした。
(画像は部分です)

少し早い春を感じられる花です。
お近くにおいでのことなどありましたら、お立ち寄りくださいますと幸いです。


早いもので2月もあと一週間無く、一時期のような底冷えも遠ざかってまいりました。
春も近そうですね。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR