スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14/12/31


実家のそうじ。

こんばんは。
12月、展覧会もわりと行って感想書こうかな~と思っていながら全く更新せず、
年の瀬も押し迫ったころに慌てて現れる醜態をさらしております。
これじゃ来年の目標がブログの更新になっちゃうじゃない。

気を取り直しまして。
今年も暮れますね。

2014年は、
卒業して、それから新しいものやことや人にたくさん出会って、
個展もできて、絵をたくさんの方にみていただけて、絵をとおして会ったり話したりお世話になったり、
なんだか濃い年になったなあと、しみじみ思います。
そのわりに時間過ぎるの速すぎですけど。

特に個展をはじめ、絵のことについては、
本当にたくさんの方にお世話になりまして、
この場をどのくらいの人が見るのかあやしいとはいえ、
心より感謝の意を記しておきたく思います。
おかげさまで、今年も絵が描けました。
ありがとうございました。

で、来年なんですが、
年女です……(未年)
おんな、っていう響きを口にすると自分が女であることをやけに生々しく実感するんですけど。そういえば先日「自分の女性性を認められないタイプだよね」って言われたんですけど。否定はできない。

区切りというか、特別感のある年なので、
しっかりと踏みしめていきたいなと、思います。
少なくとも、いまいちな年にはしたくないと思うので。十二年に一度だよ。
こつこつやります。
2014年にちゃんと積み重ねていけるように。

未熟ながら精進してまいりますので、
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


ちなみに2014年最後に観に行った展示は東洋文庫の岩崎コレクションでした。
春画が観られるってきいてうわー!って観に行ったらばったり知り合いに会いました。一人で春画観に来てるのがバレる。
サイトに春信しか載っていなかったので春信だけかと思っていたら、北斎とか豊国とか色々あってお腹いっぱいでした。すっげーきれいだった。そして良い熱気だった。
結局展覧会の話をしているのであった。

年明けは等伯の松林図の展示期間がたいへん楽しみです。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。